2004年 10月 17日 ( 1 )

 

家庭教師のお相手は・・・(後編)

「おじゃましま~す」
もちろん誰からの返事もありません。

当然です。
今この一つ屋根の下の状況に
存在しているのはFUMIとその生徒2人っきりです・・・

部屋に通され早速、勉強を始めます。
数時間前と打って変わってすらすら問題を解いていきます。

FUMIも少し安心して自分の課題を始めました
~カリカリカリ~カリカリカリ~カリカリカリ~

初めに沈黙を破ったのは彼女でした。
彼女「この問題がわからない」
F「ん?どれどれ」
ぶっ・・・・・・・
あの~ブラが・・・

お互いが対面する形で机に座っていて
彼女が前かがみになって質問してきたので
見えてしまいました・・・
(故意ではなく事故です・・・あくまで事故です)

冷静に質問に対処しましたが
頭の中はもう大変です!
また質問されるたびにブラチラがブラチラがブラチラが・・・・

まずい!まずい!
何がまずいのかはわからないが、とにかくまずい!!
この状況を打破するために
FUMIは彼女の隣へと席を移動しました。
(麻雀でいう東西の位置から東南の位置へです)

この頃にはもうFUMIは自分の課題を諦めました。
いきなり不意打ちを喰らわぬように
しっかり彼女に付きっきりです。

時計の針がam1:00を指す頃
調度きりのいい所まで終わり
彼女もだいぶお疲れな御様子なので
今日はここまでということになりました。

ここでFUMIは気を抜いてしまいました・・・
彼女も勉強から開放され背伸びをして後ろに倒れこみました。
・・・・服の丈が短かったんですよね・・・・
最後の最後にかわいいおへそとパンチラです・・・^^;

この後、彼女と多少談笑して理想の異性像や趣味の話などを少しして
彼女の部屋を後にしたのはam2:00頃でした。

試験まで後、2週間。
頑張れ彼女・・・頑張れFUMI・・・
[PR]

  by g-baka | 2004-10-17 23:30 | 彼氏彼女の事情

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE