あるデジタル時計とそれに全てを懸けた青春^^;(前編)

ども FUMIです^^

今日はFUMIの最大の趣味でもある
時計について少しお話をしたいと思います。

今から約7年前に世間ではG-SHOCKが大ブームを起こしました。
それまでもFUMIは普通にG-SHOCKを愛用していましたが
G-SHOCKと言えば黒色でごつくてかっこいいというイメージしか持っていませんでした。

ところが96年冬に発売された初代ラバーズコレクションを見たときからFUMIの心は完全に奪われてしまったのです。

97年夏の初代WCCSフロッグマンが登場する頃にはそれはもう大変な騒ぎとなっていました・・・
定価2万5千円の時計に対してプレミア価格が25万円なんてこともざらでした・・・

その頃のFUMIはまだ10代後半で稼ぎも無く
とてもそんな物を購入できるお金は有りませんでした。

しかもFUMIが住んでいる所はどちらかと言えば田舎なのでOIOIも無ければ、当時はディスカウントストアも有りませんでしたので
ただただプレミア価格を付けたG-SHOCKを雑誌などで見ていることしか出来ませんでした。

時々、暇を見つけては電車に揺られ上野や秋葉原まで探しに行きましたが
都合よく限定品が出るわけもなくアメ横でプレ根で売られているGを見て
帰ってくるというパターンでした^^;

しかし、どんな物にも必ず衰退するときというものがあり
Gも98年の夏頃を境に相場も下がり始め
99年にはあの大騒ぎは一体なんだったのだろう?と思うくらい静かな物になってしまいました。

ではなぜFUMIは数年前に廃れてしまった
G-SHOCKを今でも購入し続けているのでしょうか?
それはまた明日書こうと思います。
[PR]

  by g-baka | 2004-10-19 21:48 | G-SHOCK

<< あるデジタル時計とそれに全てを... ブーメラン飛ばそ^^ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE