星がとっても青いから

行き過ぎる船の灯りは頼りにならない。星を見て針路をとることを学ぶべきだ

せっかくなのでポチっとクリックお願いますm(__)m
人気ブログランキングへ

相互リンクを希望する方がおりましたらこちらから
(パスワードと言う項目がありますが適当に入れていただいて結構です)

ども FUMIです^^

やるぞやるぞと脅され続けて早2日

ついにうちも輪番停電で真っ暗になっちゃいました(≧∇≦)

3時間の予定が実際は2時間くらいで復旧しましたが
灯りはろうそくと懐中電灯で十分といっておいたにもかかわらず

何を血迷ったのかおかんが結婚記念で作ったろうそくと言って
1m近いキャンドルのようなものを飾ってました∵ゞ(≧ε≦; )

b0052195_2218582.jpg

これに見えてる1から始まる数字が25まで続き
銀婚式まで毎年結婚記念日の夜に灯りをともすらしいのですが

見えてる数字が1ってことからもわかるように


完全未使用のデッドストックwww

これじゃいったい何のために作ったのかまったくわかりませんが
逆にそんなものをよくこの時に思い出したなと(゚-゚*)(。_。*)

ある意味尊敬しました・・・と思ったFUMIに是非一票^^;
人気ブログランキングへ
上か下のどちらかはクリックお願いしますm(__)m






さて・・・前振りはこの程度にして

現在世紀の暴れん棒となってしまった福島第一原発の燃料棒

初動の判断ミスから後手後手へとまわり炉心融解を引き起こし
明日には地上から放水を行うという計画が取られるまでに進展してしまいました。

この諸悪の根源が津波によってさらわれてしまった
緊急炉心冷却装置(ECCS)の電源不具合で

逆にこのECCSに電源さえ供給することが出来れば
安全かつ円滑に事態を収拾出来ると推測されています。

そのために導き出された結論が福島第一原発への逆送電を行い
冷却装置の電源を確保するためのリアルヤシマ作戦。

しかしながら福島第一原発から最初の受け口である550kV変電所では


逆送電に必要な設備が崩壊状態であること


その設備について修復可能なのが国内ではうちの会社だけなこと


その設備のある場所が福島第一から10キロ圏内にあること


今日は朝から各地の被害状況をまとめるはずの部長も課長も会議で不在で
本事案についての説明は定年まで後3年の副課長へと秘密裏に伝わったようです。

社内から4人のメンバーが選ばれたようで
副課長から自分と直属の先輩にだけ内容が伝わり

いつもだったら誰を出張に行かせようかな~と楽しむ副課長が
そんなこともなくただ一言だけ「わかった」と言ったそうで

休憩時間で周りがいつものように話をする中
色々なことが頭の中を駆け巡りました。

出発までには緊急車両申請の届出や備蓄食料の詰め込み、持ち込む機材の検査など
やらなくてはいけないことがたくさんありました。

車の鍵を副課長に渡すときはきっと眼が真っ赤だったんだと思います。

副課長にはそんなに心配ならドライバーにしてやってもいいけど
被爆すると子供出来なくなっちゃうからお前はやっぱりお留守番!と言われました。

計画に何の変更もなければ今夜中には現地へと出向き
明日以降に作業が行われることと思います。

どうかご無事でとは口が裂けても言えない代わりに
来週金曜はいつものもんじゃ屋をいつもの4人で予約しておきますと言ったので
きっと意味はわかってくれていると思います。
[PR]

  by g-baka | 2011-03-16 22:30 | 日常生活

<< 今年度最後の1本 Vitz東北道を行く >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE